「爆買い狙い」金色のパッケージ

「金色で爆買い誘え!」
医薬品メーカーなどがここ最近相次いで、中国人が好む金色の商品パッケージを採用しています。
背景には中国人観光客の目を引き、購買意欲を駆り立てる狙いがあります。
今年1~9月に日本を訪れた外国人は、前年同期比48.8%増の1448万人と過去最高を記録しました。
そのうち4分の1を占める中国人は、1人当たりの消費額が平均28万7000円と突出しています。
中でも、医薬品は「日本製が安全・安心」と人気が高くなっており、まとめ買いの需要が大きくなっています。
パッケージの色が売れ行きを左右するほどとなっており、爆買いの勢いは止まりません。
中でも、小林製薬は、発熱時におでこに貼る「熱さまシート(16枚入り)」の金色パッケージをひそかに1万箱つくり、9月半ばから外国人の買い物客でにぎわう大阪の心斎橋のドラッグストア19店舗で試験販売をしています。
青やピンクの通常パッケージ商品と色が違うだけで、中身も価格も同じになっています。
爆買いを誘うべく、「金色包装」「限量銷售」のうたい文句とともに、店頭に並べています。

ホテルオークラ建て替えで家具を販売

老朽化した本館を建て替えるホテルオークラ東京は、客室やレストランで使っていた家具や備品などをインターネット上で販売するそうだ。収益は東日本大震災の被災地の子どもたちを支援する団体などに全額寄付するという。
1962年5月に開業した本館は、「日本モダニズム建築の最高傑作」と言われ、国内外の賓客を半世紀以上にわたり迎えてきた。今年9月から休業し、解体工事が進んでいる。新本館は2019年に営業が始まる予定で、「オークラ・ランターン」と呼ばれたつり下げ式の照明や梅の花を模した机と椅子などは新本館でも使われるという。
旧本館の家具などの販売は11月4日から始まる。ヤフーと電通が共同運営するサイトでは、スイートルームやレストラン「桃花林」の椅子とテーブルのセットなど58品目343点をオークション形式で販売。「チケットぴあ」の特設サイトでは、じゅうたんや壁紙の加工品など27品目約2千点が1800円~100万円の定価で売り出される。
収益は福島県相馬市と岩手県大槌町で音楽教育を担う一般社団法人「エル・システマジャパン」などに全額寄付するとのこと。ホテルの担当者は「思い出の共有と社会への貢献が目的。譲ってほしいというお客様の声に後押しされた」と話す。
ホテルオークラゆかりの家具や加工品を購入できるというのは、ファンにとってうれしいことではないだろうか。再利用され、収益は寄付に使われるというのもとても素晴らしい取り組みだ。

ヤクルト、3年ぶりCS確定

9月も終わりが近づき、残りわずかとなったプロ野球の2015年シーズン。
開幕からおよそ半年が経過した現在も、歴史的な大混戦となっているセ・リーグ。
そのセ・リーグを首位で引っ張っているのは、2年連続で最下位に沈んでいたヤクルトスワローズである。
24日、神宮球場で行なわれたDeNA戦に4-2で勝利したヤクルト。
東京ドームで行われていた2位の巨人と4位の広島の一戦で広島が敗れたため、ヤクルトの3位以上が確定した。
この瞬間、チームとして3年ぶり、そして3度目のクライマックスシリーズ進出が決まった。
ひとまずAクラス以上が確定し、3年ぶりとなるCS進出も決まったチームではあるが、浮かれる様子はまるでない。
ヒーローインタビューで常に「優勝」の二文字が出てくることからも分かるように、チームが一丸となって目指している目標はまだ先にあるのだ。
この日も巨人が勝ったため、優勝マジックの点灯はお預けとなった。
しかし、勝ち続けている以上、栄冠は着実に近づいてきている。
今日の移動日を挟み、いよいよ明日からは敵地・東京ドームに乗り込み、巨人との2連戦となる。
今シーズンを決めると言っても過言ではない、「最終決戦」がはじまる。
14年ぶりの歓喜を目指すヤクルトスワローズ。最後まで走りぬいて有終の美を味わってほしい。

「火花」図書館での閲覧に時間制限

芥川賞を受賞した又吉直樹さんの「火花」の貸し出し予約が2千件を超えたことを受け、名古屋市鶴舞中央図書館は26日から所蔵する41冊のうち2冊を閲覧専用とし、1人当たり3時間に限って館内で読めるサービスを開始したそうだ。このサービスは12月27日まで続けるという。
今月24日時点の予約件数は2358件。各最多だった村上春樹さんの「1Q84」の1400件超を大きく上回った。
同館は「これだけの人気は、又吉さんがお笑い芸人だからこそ。日ごろ、本を読まない中高生が読むきっかけにしてくれれば」と期待しているという。又吉さんが好きな太宰治の「人間失格」や「グッド・バイ」などのおすすめ作品リストも配り、「さらに読書の幅を広げてほしい」と呼びかける。
「火花」は電子版のDL数が10万を超えるなど、その人気ぶりはすさまじいものだ。多くの人が知っているお笑い芸人が描いた作品ということもあって、ふだん小説を読まない人も興味をもって読んでみようという人が多いのだろう。これが中高生などが本を読むきっかけとなれば良いのではないだろうか。

大島美幸&鈴木おさむ氏 長男の名を公表

人気お笑いトリオの「森三中」の大島美幸と、放送作家の鈴木おさむ氏の間に22日に待望の男の子が誕生した。
そして、26日の鈴木おさむ氏のブログ内で、誕生した第1子男児の名前が「笑福(えふ)」くんに決まったことを発表した。
また、名前は「産まれる前から決めていた」とし、大島美幸の主演映画、「福福荘の福ちゃん」という映画のタイトルから「福」という一文字を入れたいと思ったとのこと。そして、鈴木おさむ氏は放送作家で、妻は芸人さん。
「笑い」にまつわる仕事をしていることから、「笑」という一事を入れたかったとのこと。
「笑う門には福来たる」で「笑福(えふ)」。ふたりの子供らしい素敵な名前だ。
また、3カ月くらい前からずっとこの名前で呼びかけていたという。

「空飛ぶ円盤」飛行実験へ

NASAはハワイで現地時間の3日、円盤型実験機の飛行テストを実施したそうだ。新開発の超音速パラシュートとの性能を試すもので、NASAが目指す火星への有人飛行の実現に向けた鍵を握るという。
実験は当初2日に予定されていたが、海上が荒れたため3日に延期されたそうだ。実験は「低密度超音速減速機(LDSD)」を搭載した実験機を巨大な気球で地上12万フィートの高さまで飛ばすというもの。
LDSDは上空でロケットを噴射して全長30メートルの超音速パラシュートを展開。減速しながら降下する。地上では円盤に取り付けた4台のカメラからの映像を生中継する。最終的に実験機は海上に着水させ、回収する。
LDSDは昨年、ハワイのカウアイ島にある米軍基地で初の実験が行われたが、この時はパラシュートをうまく膨らますことができなかったそうだ。
今回使われた「超音速リングセールパラシュート」は火星で使う目的でテストした超音速パラシュートの中では最大の大きさになるという。
パラシュートは火星への着陸に向けた最終段階で、大気圏に突入して減速するために使われるそうだ。現在の技術は1976年の無人探査機を火星に送り込んだNASAの「バイキング計画」のパラシュートを踏襲しているが、大型化する次世代の宇宙船を無事着陸させるためには新しい技術の開発や改善が不可欠になるとのこと。
NASAはウェブサイト上で「有人探査の実現に向け、宇宙船を火星の地表に安全に着陸させる必要がある。宇宙船は長期滞在の乗せるために大型化、重量化する」と説明している。
いよいよ人間が火星に着陸する日が近づいてきたのかもしれない。

カムデンズ ブルー☆ドーナツ

今日、2015年4月17日にLOG ROAD DAIKANYAMA(ログロード代官山)がオープンします!
東急東横線の跡地にできた子の複合施設は、全長220メートルの細長い5棟のログハウスが一列に並んでいるのが特徴です。
この複合施設のLOG ROAD DAIKANYAMA(ログロード代官山)にOPENするのが、アメリカ、オレゴン州ポートランドで大人気のドーナツ店「CAMDEN’S BLUE ☆ DONUTS」(カムデンズ ブルー☆ドーナツ)です!
2012年にオレゴン州のポートランドにオープンした「CAMDEN’S BLUE ☆ DONUTS」(カムデンズ ブルー☆ドーナツ)は、行列ができるドーナツ店としてアメリカの全国紙に取り上げられるなど、話題となりました。
ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

学校の回転遊具で発電

西アフリカのガーナ南東部、ボルタ川に浮かぶペディアトルコペ島は、ガーナの中でも最も貧しい地方部だ。貝の養殖を生業とする人が多いこの島は、国の送電網とは切り離されているにもかかわらず、電力の面では首都アクラや他の地域よりも恵まれているそうだ。それは、子どもたちが遊ぶエネルギーおかげなのだそうだ。ペディアトルコペ小学校には特別な遊具がある。この遊具に載って子どもたちが遊ぶと、タービンが周り、LEDランプに使う充電式バッテリーに蓄電される。子どもたちはそのLEDランプを家に持ち帰り、バッテリーが切れるとまた学校に持ってきて充電するそうだ。遊具による発電のアイデアは、米慈善団体「エンパワー・プレーグラウンド」の発案だと言う。これによって家庭に電気が点くようになり、子どもたちは家でも勉強できるようになった。

ガーナはエネルギー不足に苦心している。エネルギー問題は経済活動を停滞させ、国全体の開発への影響も懸念されている。大半の家庭では12時間は電機は通るが次の24時間は電気がない状況だそうだ。ペディアトルコペ島では回転遊具での発電のほかに、太陽光を使った事業も進められているそうだ。こうした取り組みがガーナ全体、また世界的に広まっていけば発電所問題の解決の糸口にもなるかも知れない。

東京マラソン2015

毎年注目される、東京マラソン。今年は2月22日の開催です。2007年にスタートした東京マラソンは今年で9回目です。
8月に行われる世界陸上の代表選考も兼ねている同大会は、エリートランナーが100名参加する予定です。
また、毎年ランナーは仮想などしたり、芸能人も参加したりと、他のマラソン大会トハ一味もふた味も違うものになっています。
今年の東京マラソンに参加する予定の芸能人を少し紹介します。まずは猫ひろしさん。マラソンと言ったら猫ひろしというくらい有名ですよね。続いて、長州小力さん。出場を表明しています。体型が少し気になりますが大丈夫でしょうか。つぎに、オードリーの春日さん。春日さんは去年も出場していました。今年の東京マラソンも楽しみですね。

無花粉スギ

日本では国民の3割が花粉症に悩まされているらしい。それを受けて林野庁は2015年度から花粉症対策のための新しい補助金を出すそうだ。森林所有者が花粉の多いスギの人工林を伐採し、花粉のない品種や花粉が少ない品種の苗木に植え替える場合、費用の一部を負担するという。花粉の少ない森林への転換を促すことで少しでも花粉症の悩みを和らげたいという考えのようだ。品種開発が進み、無花粉や少花粉スギの品種は130種類を超えているという。しかしこれらの苗木の供給量は13年度で201万本で、スギ苗木全体の1割程度にとどまっているそうだ。林業関係者は順調に育った実績がある従来の苗木を植え続ける傾向があるという。林野庁は啓蒙活動にも取り組み、17年度には全体の5割以上の1000万本引き上げたい考えのようだ。これで花粉症の症状が緩和されればいいのだが。