黒豚食べたい

イルカ漁を批判したキャロライン・ケネディ駐日米国大使が、鹿児島県特産の黒豚について「ぜひ食べたい」と発言したと報じられ、ネット上で「イルカとどう違うのか」と批判が相次いでいます。

まぁ確かに。何が違うんでしょうか?イルカも豚も生き物なんですけどねぇ。そういえばイルカって漢字で書けば海豚ですよね。関係ないかもしれませんが。

 

この発言の際、日米共同開発の人工衛星を積んだロケットの視察のため鹿児島県に来ていたそうです。伊藤祐一郎知事と会談し、その際に特産の黒豚が話題になり、前出の発言をしたというそうです。過去にケネディ大使はツイッターで、和歌山県太地町のイルカ追い込み漁について、非人道的だと反対を表明して物議を醸した経緯があります。それだけに、このニュースがネット配信されると、ツイッターなどで疑問の声が次々に上がりました。

「黒豚は可哀想じゃないんだ。ふーん」「海豚はダメで黒豚はOKなのかw」「豚とイルカって何が違うんだろう?」等々

 

可哀想、可哀想じゃないで考えるものじゃないと思うんですけどね。

日本人って、生き物全てに命があることを知っていて、「(命を)いただきます」と断ってから食べるじゃないですか。アメリカとかキリストの教えがあるところだと、豚や牛などの家畜は神に許しを得て飼って食べている…という考えなんだそうですからね。考え方の違いはしょうがないことだとは思いますが…。

 

それより、ケネディ大使の発言に気を使わない点はちょっといただけないですよね。

このことについてはノーコメントらしいですけど。ここまでネットで騒がれてるんですから、Twitterにもなにかコメントが来てもおかしくないですよね。これからなんて発言するんでしょう。