上方落語、神戸に定席開設

兵庫県と神戸市は17日、同市兵庫区の新開地に上方落語の定席を開設する方向で事実上合意したそうだ。1億8000万円前後と見込まれる建設費は兵庫県と神戸市などが負担するという。運営は地元NPOなどが担う形を想定し、早ければ2018年度のオープンを目指すという。上方落語の定席は大阪市北区の天満天神繁昌亭に続き2か所目になるとのこと。
県と神戸市の政策調整会議で、建設費を双方が負担することで合意したそうだ。明治期に湊川を埋め立ててできた新開地は、芝居小屋などが軒を並べ、「東の浅草、西の新開地」とも呼ばれたという。戦後の一時期は映画館20館以上が集まり、現在も大衆演劇場などがあるそうだ。落語の定席の新設を往時の歓楽街復活の柱に据えるとのこと。
新開地商店街のアーケード街に面した店舗跡地が候補地となっており、建設費は国庫補助も活用し、「ふるさと納税」による寄付も募るという。高座にあがるのは若手中心で、運営は商店主らでつくる「新開地まちづくりNPO」が担当する方向で検討しているとのこと。
定席の開設は2014年に上方落語協会の桂文枝会長が提案していたそうだ。運営・維持については課題も残っているそうで、民間主体の運営を安定させるため、県と神戸市は集客やスポンサー開拓などを検討し、上方落語協会にも協力を求めるという。最終的にまとまれば、来年度予算で建設費などが計上される見通しとのこと。
最近若者の間で落語が注目されているそうなので、新たに落語を楽しめる場所ができれば活気づきそうだ。

段ボールベット、熊本でも活躍

熊本の震災から一週間、避難生活が長引き体調不良が覚える被災者が増えてきた。原因のひとつは、避難所の環境である。硬く冷たい床に毛布一枚を引いただけで眠っている人も少なくない。足腰の痛みや、問題になっているエコノミークラス症候群の危険が高まる。
また、避難所では周囲と隔てるものがないため、精神的にも休みにくいという問題がある。
これをうけ、段ボールを組み合わせた簡易ベットの配布が始まった。東日本大震災でも使用された段ボールベットは、高さがあり、クッション性もあるため足腰の痛みが和らぐ。また、足の上げ下げによってエコノミークラス症候群も防止でき、年配者は立ち上がるのが楽になったと喜んでいた。さらに、ベットには仕切りをつけられるため、プライバシーが守られる。不要になったら、たためるという利点もある。
今後も多くの避難所に導入されるだろう。
余震を体に感じにくくさせる働きも期待され、避難生活は大きく改善されそうだ。
報道で避難所の様子を見たが、椅子が欲しいと訴える被災者が多かった。ベットは椅子代わりにもなるため、足腰の負担も軽減されるだろう。

スザンヌ被災「家入れない」

熊本在住のタレントのスザンヌが4月17日の未明、自らの被災状況をブログで報告しました。
家族は無事ながらも、「昨夜の大きな地震で、わたしの家も実家も中に入れないくらいになってしまいました・・・」と心境を明かしました。
さらには、「熊本市内のコンビニ、スーパーにはほとんどの水やカップラーメンが売っていない状況」と厳しい被災地の実態を明らかにしました。
一方、自らの発信力を生かし、被災者間で情報を共有できるようブログに避難所で得た給油できるガソリンスタンド、給水ポイント、営業している入浴施設の情報を写真でアップいました。
さらには避難所ごとの不足品を列挙し、物資の提供を呼びかけました。

DQ信号、話題になりすぎ中止

「交差点で黄色信号が現れた」や「止まる?はい いいえ」など、名作ゲーム「ドラクエ」のような表記が話題になった岡山県の交通情報板。「交通安全について話すきっかけになれば」という試みに、Twitter上では好意的な意見が多く見られたという。しかし、この複数表示でメッセージを伝える「他画面表示」をやめてしまったそうだ。理由は、危険を考慮してとのこと。話題になりすぎたため、情報板を探す人が増えることも予想される。表示を見るのにかかる時間はもともと予想していたそうだが、探す時間も考慮すると危ないのではないかとのこと。
批判や苦情があったわけではないそうだ。問い合わせは「面白い」と言った好意的なものばかりだったが、県警側の判断で中止することになったという。他画面表示は取りやめたが、いい機会なので取り組みそのものは今後も続ける意向だという。現在は1画面で何かできないかと考え、準備中とのこと。再開が楽しみだが、くれぐれも情報板ばかりみて事故を起こさないようにしたいものだ。

鹿の角で猟友会の男性重傷

10日午前8時ごろ、山梨県富士川町柳川にある畑近くで、鳥獣除けのネットに絡まっている鹿がいた。鹿はネットを外そうと暴れており、取り押さえようとした同町鳥屋の長田厚さん(67)の、腹に角が刺さってしまった。
県警によると、長田さんはドクターヘリで甲府市の病院に搬送されたという。重傷だが幸い命に別条はないそうだ。
長田さんは地元猟友会の会員であり、鹿を見つけた別の男性から依頼を受けて単独で現場に向かったという。狩猟用ナイフで駆除しようと、鹿の頭を押さえつけた際に角が腹に刺さった。鹿は、駆け付けた猟友会員によって駆除された。
富士川町柳川は山あいのため野生動物が多い。県警は鹿やイノシシなどを見つけたら、不用意に近づかず、通報してほしいと警告した。
角の長さは60センチほどだったそうだ。命に別条がなくて本当によかった。

琴奨菊父、興奮のあまり鼻血

柳川から、国技館に駆けつけた琴奨菊の父の菊次一典さんは、2008年に亡くなった琴奨菊の祖父である一男さんの遺影を抱えて、下を向いて優勝を祈っていました。
「大丈夫だとは思っていたけれど、見ることができませんでした」
館内の歓声で優勝を知ると、興奮のあまり、鼻血を流し、「いつもの場所と違って内容が良くて、怖いくらいだった!よく頑張ったねと言いたい」と喜びました。
天国の祖父・一男さんは最初に琴奨菊に相撲を教えた「師匠」で、一典さんは「オヤジのおかげで今がある。天国で喜んでいると思いますよ」とホッと息をつきました。
また、母の美恵子さんは13日目に負けた時、「やればできる子だから、頑張れ」とメールした。
「皆さんのおかげで手に入れた優勝だと思います」と報道陣に語りました。

奇跡の子牛

岡山県勝央市の農業公園「おかやまファーマーズマーケット・ノースヴィレッジ」の一角にある牛舎の柵に、「小学生になったら、友だちがたくさんできますように」「サッカーがじょうずに」「テスト100点」など、夢や目標の願い事が書かれた絵馬が来場者によって結び付けられている。牛舎の主は黒毛の雄牛「元気くん」。かつて「奇跡の子牛」と呼ばれ、話題を呼んだ強運の牛だ。
1998年10月、台風10号で吉井川が氾濫し、津山市内の牧場で飼われていた生後約6か月の子牛が濁流にのみ込まれた。数日後、約90キロ離れた瀬戸内海の黄島に漂着し生き延びているところを発見され、無事に救出されたそうだ。
奇跡の生還は被災者を勇気づけ、歌や絵本、紙芝居の題材にもなったそうだ。牧場から農業公園に寄贈され、元気君と名付けられた。
あれから17年余り。牛舎の隣に「元気くん神社」が設けられ、九死に一生を得た強運にあやかろうと「参拝」する人たちの姿が絶えないという。来場者は2012年からの3年間で年平均約49万7千人。昨年5月には、テレビ朝日系列のバラエティ番組「ナニコレ珍百景」で紹介され、人気が再燃したそうだ。
災害にも負けず生き延びてくれた奇跡の子牛「元気くん」、ぜひ長生きしてもらいたいものだ。

定置網の中にザトウクジラ

静岡県伊東市の城ケ崎海岸近くの富戸漁港の定置網にザトウクジラが迷い込んだという。地元の定置網漁業関係者が5日正午ごろに確認している。
ザトウクジラは体長十数メートルで、雌雄は分かっていない。定置網ではサンマ漁がおこなわれており、関係者はサンマを追って定置網に入ったのではないかと話しているそうだ。ザトウクジラより小さなミンククジラが最近何年かの間、定置網に入ってしまったことはあるというが、ザトウクジラが網に入ったのは何十年もなかったことなのではないかということだ。
定置網の幅約70メートル、長さ約60メートル、深さ約90メートルほど。7日以降、ザトウクジラの解放作戦が開始されるという。
ザトウクジラは群れで生活をする。一刻もはやくこの個体が仲間の元へ戻れることを願う。

「爆買い狙い」金色のパッケージ

「金色で爆買い誘え!」
医薬品メーカーなどがここ最近相次いで、中国人が好む金色の商品パッケージを採用しています。
背景には中国人観光客の目を引き、購買意欲を駆り立てる狙いがあります。
今年1~9月に日本を訪れた外国人は、前年同期比48.8%増の1448万人と過去最高を記録しました。
そのうち4分の1を占める中国人は、1人当たりの消費額が平均28万7000円と突出しています。
中でも、医薬品は「日本製が安全・安心」と人気が高くなっており、まとめ買いの需要が大きくなっています。
パッケージの色が売れ行きを左右するほどとなっており、爆買いの勢いは止まりません。
中でも、小林製薬は、発熱時におでこに貼る「熱さまシート(16枚入り)」の金色パッケージをひそかに1万箱つくり、9月半ばから外国人の買い物客でにぎわう大阪の心斎橋のドラッグストア19店舗で試験販売をしています。
青やピンクの通常パッケージ商品と色が違うだけで、中身も価格も同じになっています。
爆買いを誘うべく、「金色包装」「限量銷售」のうたい文句とともに、店頭に並べています。

ホテルオークラ建て替えで家具を販売

老朽化した本館を建て替えるホテルオークラ東京は、客室やレストランで使っていた家具や備品などをインターネット上で販売するそうだ。収益は東日本大震災の被災地の子どもたちを支援する団体などに全額寄付するという。
1962年5月に開業した本館は、「日本モダニズム建築の最高傑作」と言われ、国内外の賓客を半世紀以上にわたり迎えてきた。今年9月から休業し、解体工事が進んでいる。新本館は2019年に営業が始まる予定で、「オークラ・ランターン」と呼ばれたつり下げ式の照明や梅の花を模した机と椅子などは新本館でも使われるという。
旧本館の家具などの販売は11月4日から始まる。ヤフーと電通が共同運営するサイトでは、スイートルームやレストラン「桃花林」の椅子とテーブルのセットなど58品目343点をオークション形式で販売。「チケットぴあ」の特設サイトでは、じゅうたんや壁紙の加工品など27品目約2千点が1800円~100万円の定価で売り出される。
収益は福島県相馬市と岩手県大槌町で音楽教育を担う一般社団法人「エル・システマジャパン」などに全額寄付するとのこと。ホテルの担当者は「思い出の共有と社会への貢献が目的。譲ってほしいというお客様の声に後押しされた」と話す。
ホテルオークラゆかりの家具や加工品を購入できるというのは、ファンにとってうれしいことではないだろうか。再利用され、収益は寄付に使われるというのもとても素晴らしい取り組みだ。