桜が咲き乱れる…

海苔に。
海苔にレーザーカッターで模様をほどこした「Design NORI」(デザイン海苔)が繊細で美しく、食べるのがもったいなくなるほどの魅力を放っています。
海外のデザイン賞も受賞しました。
このデザイン海苔は、茨城県の大洗で海藻店を営む「海野海藻店」が、海苔の新しい可能性を再発見するべくI&S BBDOにデザインを依頼。
レーザーカッティング技術を駆使し、「桜」「水玉」「麻の葉」「亀甲」といった日本の伝統的な模様を海苔に刻んだものです。
タイのパタヤで開催された「アジア太平洋広告祭」において、デザイン・ロータス部門の最高賞となる「BEST」を受賞。
今年で15回目を迎える権威ある賞で、受賞後は国内外からの引き合いも多いといいます。
キャラ弁などの流行で、海苔を加工しキャラクターの鼻や目などに使ったり、作品の一部に利用する方も多いと思いますが、デザイン海苔は水玉などのアーティスティックな加工が海苔自体に施されています。
白米の上にこのデザイン海苔を置くだけで絵になりますね。
小分けにしたちらし寿司とかの上に乗せたらもうアートですよこれ。
日本人の技術ってほんとうに下を巻くものが多いですよね…。