茶色のパンダ

中国の陝西省で、茶色のパンダが話題だという。
一般的なパンダというと、白と黒が特徴的だ。しかし、このパンダは茶色と白で軟らかい色あいをしている。茶色のパンダは7歳のジャイアントパンダだそうだ。
1985年から、これまでに8頭同様の色のパンダが発見されているが、現存しているのはこの7歳の個体だけなのだそうだ。
色素異常かアルビノの種だろうか。過去にアルビノのタヌキの映像をみたことがあるが、真っ白ではなく模様部分は薄い茶色だったことを記憶している。
元気に走りまわったり食事をする様子が動画で公開されている。色はふんわりしているが健康そのものだ。このまま元気に過ごしてほしい。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks