パワハラ

今問題になっているパワハラ。パワハラとは「パワーハラスメント」の略で、職場の上司など権限を持つ者が、立場の弱い部下などに対して、力にものを言わせて無理難題を強要したり、悪口など人権の侵害にあたるような嫌がらせを繰り返し行うことをいいます。

どの会社でも、上に立つ人によっては起こりえることなんですよね。とても恐ろしいですし関わりたくないですし、第一そんなことを言う上司ってどうなんですか、人として。

そんなパワハラを受けた看護師の一例です。

 

Tさんは高校を卒業してすぐ看護助手になったのですが、若いという事もあり、期待されるような言葉だけでなく、「仕事が遅い」「看護師に向いてない」等嫌味を言ってくる先輩などがいたそうです。

最初の頃は毎日が辛くて泣きつつも、やりがいのある仕事だと思って頑張っていたそうなのですが、ストレスのせいなのか休みの日になると「あと何十時間で仕事が始まる」や「時間が勿体無い」等の考えが頭に常に浮かび上がってきて、精神的に追い詰められてしまっているそうです。

仕事中に胸に苦しい圧迫感を感じ、時々息が出来なくなることも。

この酷い状態から抜け出そうと、師長に辞めたいと相談したのですが、「貴方にいくら位のお金と職員の労働がかかってると思うの?」と一蹴されてしまったとのこと。

苦しい思いを抱えたまま仕事を続けているんだそうです…。

 

先輩も上司も酷いです。話を見る限り、助けてくれる人がいないじゃないですか…。何か一つでも目標が決まれば頑張れるかもしれませんが、こんな状況じゃ無理ですよ。まだ若いんですし、無理しないで転職をするか別の職に就くかしたほうがいいですよね。

こんなところで続けても体が壊れていくだけです…。

 

もしも看護師の方で、職場環境が悪く、転職や復職を考えている方、いらっしゃるようでしたら看護師転職支援金で検索して探してみてはいかがでしょうか。