水は逆効果?

ワサビやカラシ・マスタードなどの、清涼感をともない、鼻の奥でツーンと刺激するタイプの辛み。

揮発性で辛味は長く続きませんから、お茶や水で流し込むと抑制されるそうです。ワサビの辛みが駄目な方がいたら、これでごまかせるかもしれないですね。

 

しかし唐辛子系の辛みは、水では逆効果になるんだとか…?唐辛子系の辛みが苦手な方って結構いると思うんですよね…辛いのが苦手、という人は大体これだと思います。それにテレビでも辛さで悶絶している芸能人って水飲むじゃないですか。あれ逆効果かもしれないんですか…?

トウガラシの辛みのもとカプサイシンは脂溶性で、水には溶けにくい性質を持っているそうです。ですので、水で流してもおさまらないんだとか。というより、水で舌を洗い流してしまうと、より鮮明に辛みを感じてしまうそうです。

確かに辛い物の後に水飲むと、舌がヒリヒリするような感覚ありますからね…。そうか、駄目だったんですね…。

 

カプサイシンは油で溶けるので、乳製品、ヨーグルト、牛乳、チーズなどがいいそうですよ。ですので、辛い料理に挑戦する際はおつまみにチーズを持ってきてもらったり、飲み物をまず頼んでからの方がいいかもしれませんね。

今はラッシーなんかも流行っていますし、それもいいかもしれません。

 

でも辛い料理って美味しいんですよねぇ。身もだえても食べたいんですよね…。ぐぬぬ、美味しくいただくためにもヨーグルトを持参すべきか…!