「空飛ぶ円盤」飛行実験へ

NASAはハワイで現地時間の3日、円盤型実験機の飛行テストを実施したそうだ。新開発の超音速パラシュートとの性能を試すもので、NASAが目指す火星への有人飛行の実現に向けた鍵を握るという。
実験は当初2日に予定されていたが、海上が荒れたため3日に延期されたそうだ。実験は「低密度超音速減速機(LDSD)」を搭載した実験機を巨大な気球で地上12万フィートの高さまで飛ばすというもの。
LDSDは上空でロケットを噴射して全長30メートルの超音速パラシュートを展開。減速しながら降下する。地上では円盤に取り付けた4台のカメラからの映像を生中継する。最終的に実験機は海上に着水させ、回収する。
LDSDは昨年、ハワイのカウアイ島にある米軍基地で初の実験が行われたが、この時はパラシュートをうまく膨らますことができなかったそうだ。
今回使われた「超音速リングセールパラシュート」は火星で使う目的でテストした超音速パラシュートの中では最大の大きさになるという。
パラシュートは火星への着陸に向けた最終段階で、大気圏に突入して減速するために使われるそうだ。現在の技術は1976年の無人探査機を火星に送り込んだNASAの「バイキング計画」のパラシュートを踏襲しているが、大型化する次世代の宇宙船を無事着陸させるためには新しい技術の開発や改善が不可欠になるとのこと。
NASAはウェブサイト上で「有人探査の実現に向け、宇宙船を火星の地表に安全に着陸させる必要がある。宇宙船は長期滞在の乗せるために大型化、重量化する」と説明している。
いよいよ人間が火星に着陸する日が近づいてきたのかもしれない。