伊豆大島入り

天皇、皇后両陛下は28日午前、昨年10月の台風26号による土石流災害の被災者を見舞うため、羽田空港発の特別機で伊豆大島(東京都大島町)入りされました。

 

両陛下は到着後、大島町役場で被災状況について説明を受け、地元の消防団長やボランティアに「ずいぶん危険の多い中で苦労されたんでしょう」などとねぎらいの言葉を掛けられました。

午後に被害の大きかった元町神達地区を視察し、仮設住宅を訪れて被災者を見舞うそうです。

 

ご高齢にも関わらず被災地の訪問、本当に恐れ入りますね。「ご希望」だったそうですが、無理はあまりなさらないでほしいです。

しかし国民の為に精力的に活動されているのを見ると、本当に感慨深いですよね。本当にあたたかい方々なんだなと思います。

 

まだ応急仮設住宅に避難している人々は沢山いるそうです。復興に向けて頑張ってほしいですね。