酒造免許

日本では酒税法によって、アルコール度数1度以上の酒を製造する場合、届け出が必要で、地元の税務署長の免許を受けることを義務付けられている。違反した場合は10年以下の懲役か、100万円以下の罰金が科せれれる。

免許は種類別、品目別になっている。ウイスキーを作るにはウイスキー製造免許、ブランデーを作るにはブランデー製造免許を取得する。免許を受けた品目と異なる品目の酒類を製造したい場合は、改めてその品目の免許を受ける必要がある。

ただし、神社などの濁酒や、個人で楽しむ果実酒など販売を目的としないものに関しては適用外となる。