ダイオウイカ

世界最大級の無脊椎動物といわれ、深海に生息するダイオウイカが25日、兵庫県新温泉町諸寄沖の日本海で生け捕りにされました。またですか!しかし今回は生け捕りですからね、今までは死んだ状態で上がってましたから、珍しいパターンじゃないでしょうか!

 

10本の腕のうち8本が残っており、胴から腕先までは約4メートル。ちぎれた触腕2本があれば全長8~9メートルと推定され、ダイオウイカでも最大級といいます。今後は研究に使用されるそうです。

捕まえたのは、新温泉町に住む素潜り漁師の岡本哲雄さん。岡本さんによると、素潜りでサザエを捕っていたところ、ダイオウイカが頭上を泳いでいたそうです。自分の何倍もあるイカが頭上をって…いくら素潜りの漁師でもビビるでしょう…!想像しただけで怖いですって。

慌ててロープに縛り付けて沖まで運んだそうです。ちなみに千切れてしまった腕を若い漁師が試食したそうですが「不味い」としかめっ面。

食ったんかい!!そんな勇気ないですよ!!あと美味しくないんですね…美味しかったらこう、使い道あったかもしれないのに…。

 

しかし最近になって深海魚が沢山あがってますよね。それだけで本当に怖いです。なにか自分たちの知らない間に深海で何か起こっているのでしょうか?地震は関係ないって言われてましたが、本当に?と聞きたくなってしまいますよ。

新しいでかいタコが住み着いて逃げてるだけというオチであってほしいです…。